カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
RSSフィード
リンク
★★★

夏の読みもの

小学生の頃、夏休みになると本が届いていました。
(今の「yom yom」みたいな、学研関係の夏休みの読書向け?)
そのせいか今でも夏になると本が読みたくなるような・・・。

今月は3冊です。

タイム屋文庫 朝倉かすみ
これ、すごく好きです!
この方の本を読むのは初めてだったけど、他のももっと読みたくなりました。
正確には憶えてないけれど・・、『いろいろ好き勝手なことを言う人がいても、見守ってくれている人もきっといる』みたいな内容のことが書いてあって、この部分には救われる気持ちになったり。
内容も懐かしくて温かい、ほんとに私好みです♪





これでよろしくて? 川上弘美
やっぱり川上さんはハズレがないな、と。
こんな同好会があれば、私も参加したいものだと思います。





対岸の彼女 角田光代
こちらは再読です。
でも、人の記憶って頼りにならないもので、一度読んだはずなのに結構新鮮に読めました。




この3冊とも、人との距離や違和感がそこらじゅうにあって、同じように凹んだり励まされたりしながら読み進みました。

本当に悪い人なんてそんなにいるはずなくて、みんなそれぞれ自分のものさしがあって、自分のそれと違っていると、そこに壁なり溝なりができてしまうのだろうな。。
何を見るにしても、基準が「自分」だから。
そう思うと、世の中で起こっていることも、見方が変われば正しいし、また間違っていることでもあるのだろうと思う。
・・・考え出すと、きりがないことだけれど。
ま、いろいろあるから、生きてることはおもしろい、ですよねー。

また近々図書館に行きたいな。。

コメント

非公開コメント

プロフィール

鳥子

Author:鳥子

QRコード
QRコード