カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
RSSフィード
リンク
★★★

『これにて、月とふたりきり  空から記憶が降りてくる』

針がとぶ Goodbye Porkpie Hat
それからはスープのことばかり考えて暮らした

吉田篤弘さんを読むようになってからまだひと月ほどなのに、まるで昔からそばにあったような心地よさをいつも感じます。
そして思うのは、いつもどこかに自分によく似た人が登場するということ。
主人公であったり、ちょっとした脇役でもあったり。
自分によく似た人、というよりも、あまりにも心地よい世界なので、その中の誰かを自分に置き換えてしまいたくなるのかもしれません。
どの言葉たちも感覚的に寄り添えるものばかりで、私が感じているのか、本に書いてあることなのか、その区別さえ曖昧になります。

この2冊、どちらも、ものすごくいいですよ。


   

おばあさんの花園 ②

六角つなぎ、おばあさんの花園。
今のところ順調に進んでいます。
なんとな~く、だけども、出来上がり図が頭の中に見えてきて、そのために必要な52枚のお花が完成しました♪

並べてみると、こんな感じ・・・。 ↓
どうなんでしょうねぇ。。 まだよくわからない。
これから、ひとつひとつのお花の間に白が入るから、そうしたらもう少しすっきりしてくるかなぁ。

この52枚を白い六角形でつないだら、さらにグリーンの六角形で取り囲み、アップリケを入れたボーダーをつける、という計画です。
・・・3年後くらいには完成できる、かも?


20090324

NEW!

昨日クールスモール内のレンタルBOXにブックカバーとバネポーチを納品しました。
ファスナーポーチやティッシュケースなども追加しています。
もうすぐ四国の高速道路も安くなるので、春休みには遠くからお客さんがたくさん来てくれるといいな♪

20090320

宿屋めぐり 町田康
事典のように、とても分厚くて重たい本です。
2年前に読んだ「告白」と同じくらい大きく重くて、内容もまたどこまでも深く、熱が出そうになりました。
体は魂が借りている容れ物のような、、部屋のような。。

 「何にもないとこから 何にもないとこへと
  何にもなかったかのように 巡る生命だから」

そんな、歌のフレーズを思いながら。



マザコン 角田光代
宿屋めぐりに続いて、選んでしまったこの本。
いつもよりも考えすぎている時なのに。

母親って不思議な存在ですものねぇ。。
無条件で守ってもらえる時期があり、対等な大人同士でもあったり、やがて年老いたら子が親の世話をしなくてはいけなくなったり、互いの年齢で立場が変化してくる。
こちらも、内容的には深かったです。
とはいえ、角田さんの書くものは、こういった後味悪いほうが私は好きだったりするのですが。

気分がなんとなく沈みがちなので、次は吉田篤弘さんを借りてこようと思います。


  





十字路のあるところ  吉田 篤弘
吉田 篤弘さんを続けて読んでいます。
読むたびに、この本と出会えたことがうれしくなるくらい、どれも素敵なお話です。
今回読んだ「十字路のあるところ」は、今までで一番好き。 かもしれないです。

「何もしない」をする。
とか、
月夜にコンクリートの隙間や割れ目にそっと種を蒔く。やがてそこに花が咲いても多くの人はまるで気にとめないが、10人に1人くらいが「おや」と足を止め、気がついてくれる。
とか。

この町がほんとうにあるような気にさせてくれる、写真たちもとてもよかったです。

  

どこから行っても遠い町  川上弘美
この本が出たときに、少しドキドキした。 軽く興奮した、というか。
それは、谷内六郎さんの絵が表紙だったこと。
大好きなんです! 谷内六郎さんの絵。
それから、川上弘美さんは私の一番好きな作家。
「好き」が集まったような本です。

連作短篇集になっていて、その半分は「yom yom」に掲載されていたので既に読んでいたのだけれど、知らなかった他の話と併せて読むことで、この町やそこに生きる人たちがより深く感じられました。


今回読んだこの2冊の本。
どちらも「町」の物語です。
遠いような、近いような・・・、でもどこか懐かしさを感じるような。
懐かしいものは、なぜかいつも温かい。 ・・・と、思います。



  

つむじ風食堂の夜

空ばかり見ていた」「小さな男 * 静かな声」に続いて
つむじ風食堂の夜」を読みました。
吉田 篤弘さんの本はこれで3冊目。
どれも穏やかで、とても心地よい世界があって、すっかりはまっています。
感想などを少々、などと思ってみても、勿体なくて言葉にはできません。
心の真ん中があったかくなるような、そんな感じなのです。



イベントのお知らせ

フリまる第3回 手作り雑貨フェア

日時 : 4月5日(日) 10:00~17:00
会場 : クールスモール1階 (東温市見奈良)

ずっとお世話になっているレンタルBOX主催のイベントです。
普段は顔が見えないお客さんと直接お話ができるので、毎回楽しみです。


今週号の「ウイークリーえひめ リック」が手作り雑貨の特集になっていて、他にもいろいろな手作りのイベントが載っています。
販売する側もお客さん側も、どちらも楽しめる素敵なイベントがいっぱいです♪

恥ずかしながら、私の作品も「リック」に載せていただいています。
自分の作品をこうして紙面で見ていることが、なんだか不思議な気持ちです。
素敵な写真を撮ってくださって、取材の時にお世話になった方にとても感謝しています。

なのはな・きいろ

東温市のクールス・モールで、先週末より菜の花祭りが始まりました。
私も日曜日に見に行ってきました。
黄色って、幸せの色ってイメージがありますよね~。
こんなにたくさんの黄色に囲まれたら、なんかいいことあるかも?なんて、すぐに思ってしまう単純な私・・・。

そしてまた今日は雨です。


20090301

春のティッシュケース

3月、花粉症の方にはポケットティッシュは必需品。
春のティッシュケースを作りました。
レンタルBOXのほうには、ちょっとだけおめかしラッピングして並べてきました。
そのままプレゼントに使ってもらえたらうれしいな。

20090228

いちご

久しぶりに会うお友達とのご飯。
そんな時はおしゃれなレストランよりもファミレスへ。
長時間のお喋り、ランチ、ドリンクバー、追加のスイーツ。

今の季節はいちごのスイーツがいっぱい。
メイプルシロップといちごソースをたっぷりかけていただきます♪

20090227
プロフィール

鳥子

Author:鳥子

QRコード
QRコード